ウメさんの続・二割り増しブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今そこにある危機

<<   作成日時 : 2007/03/20 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

別にハリソンを語ろうってわけじゃない。

またかと思われるかもしれんが、
またもや『GRINDHOUSE』について。

アメリカでの公開が4月6日、あと2週間前に迫ったにもかかわらず、
いまだ日本公開が決定していない超大作、『GRINDHOUSE』。

先日つっちの言っていた、“二本立てではなく、分割放映か(?)”
という衝撃的なことが気になり、(映画秘宝で)調べてみると、

ヴィシュタイン社は『GH』の配給のまだ決まっていない非英語圏の国に対して、
『デス・プルーフ』と『プラネット・テラー』の分割配給・上映をすると発表した。


・・・発表した?発表した!!
( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

いやいやいやいや、ないないないない(´□`)
ってか、もうグラインドハウスちゃいますがな。
そもそもグラインドハウスの根幹は
“ボロイ映画館でゲテモノ映画の2本立てを鑑賞する至福の時間を再現すること”
とちゃいますのんかい?

なにやらネックなのはエロ・グロ・バイオレンスの内容よりもビジネス面のようだ。

ひとつめは権利金。
タラ×ロドということで、新作二本分に匹敵するようだ。

ふたつめは上映時間。
当初は各1時間のはずが、
『DP』90分、『PT』80分になり(あの二人なら最初から分かるでしょに)、
さらに偽予告編4本にエンドロールで軽く3時間弱になってしまうようだ。
(こちらとしては願ったり叶ったりなのだが・・・)
ということは、ビバ!!シネコンの現代ではこの回転率の悪さは計り知れない。

だから、2本に割っちゃえば、
権利金も分割&入場料2倍&回転率アップ
と配給側からしたら一石三鳥(´A`;)

このままでは製作者のおふた方の意図が崩れ去ってしまう!!
頑張れ!トルネードフィルム!!(他力本願スマソ)


ちなみに『GH』がアメリカバージョンで公開されるのは、
米、仏、独、伊、西、豪、ニュージーランド、そして唯一のアジア国、タイ!!
この映画を現地へ観に行ってやろうじゃないかという
おバカさんがもしいましたら、コメントお待ちしております。
(ほんまのほんまに行く気マンマンで、
それなりの数がそろったらマジで行ってしまうかもしれません汗)



今回の内容は、“映画秘宝5月号”を元に書きましたので、
なんかあったら悪しからず。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今そこにある危機 ウメさんの続・二割り増しブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる